ごめんなさい。
この記事はきっと鬱記事です。
そしてきっと自分勝手な記事です。
なので。
読んでしまうと凄い不快な思いをさせてしまうかもしれません。

なら書くな。
という意見もあるとは思いますが。

これも。
私にとっては大事な「けじめ」であり、ひとつの「区切り」だから。
だからあえて書きます。


もし。続きを読まれる方は上記を踏まえたうえで展開してください。
尚。携帯でこの記事を読まれる方もいると思うので。
30行ほど『↓』を間に挿入しておきます。
ですので。携帯でこの記事を見ちゃったけど鬱記事は読みたくないという方は下へスクロールしないでください。


あぁ。そうだ。
なんのための「けじめ」や「区切り」なのか書き忘れてました。


このブログ。
次回でたぶん最終回です。

だから。
公には言わなかったホントの気持ち。
なんで私が彼についていけないと思ったのか、を書きます。


上にも書いてますが。
これはとても自分勝手な記事だと思います。

だから。
そういうのを読みたくない人は見ちゃダメです。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓





リンクシェル

私のヴァナ生活において。

たったひとつだけ割ったパールがあります。


まぁ。あの当時は荒れててブログにも書いたからご存知の方も多いとは思いますが。



あれから2年以上の時がたち。
そろそろ言ってもいい頃合いだと思うから書いちゃうけど。

彼のブログに書かれていた。
『フレンド絶賛減少中!』
この1行を受け入れることができなかったんだ。
この言葉を見た瞬間に全てが凍ってしまったんだ。
この文字群を心が拒否してしまったんだ。

そして。
フレが減ることを絶賛している彼とは一緒にいられないと思ったんだ。

それがパールを割った最大の理由。


でも。そう思うだけじゃきっと自分がパールを割ることができないと思ったから。
自分を追い込むために。
ブログで宣言したり。
言葉を石のつぶてに変えて投げつけたりした。

それでも私の心は揺れてたから。
コメントに返信すればするほど矛盾が生じた。
それは分かっていても。
あの記事を書いた私にはコメントの全てに返信する義務があると思ったから。
そのときに思っていたことを書いた。

でも。
書いた瞬間は真だと思った言葉が次の瞬間には偽になっていたから。
結局は矛盾だらけで。
行動も発言も。
あの時期の私の全てが矛盾だらけだったから。
テルとかで会話した方に言った言葉は嘘じゃないけど。
全てを並べるときっと滅茶苦茶だったと思う。

このときは。
ホントに自分の弱さを痛感したさ。


でも。
自分で決断して未練を断ち切ることができたのは。
私にとっては大きな一歩だったと思う。

だから。
今は後悔していない。
[PR]
by Qlair-FF11 | 2008-06-20 12:29 | その他
<< 最終回 さてと。 >>